Olive Of Universal Farm

ユニバーサル農場のオリーブ畑は海や山に囲まれた地形と温暖な気候にある二宮町にあり、2004 年に小豆島へ行き小豆島オリーブ園の当時会長より二宮町の環境ならばオリーブが育ち収穫も期待出来ると聞きました。

同年にマンザニロ、ミッション、ネバディロブランコの苗木を各10本計30本購入して栽培を開始しました。その後小豆島から60本の苗木を購入して、最近では九州またイタリ アから苗木を取り寄せて、現在では 18種類約400本のオリーブを栽培しています。

メインの品種はマンザニロ、ミッション、ネバディロブランコ、レッチーノ、レッチョデルコルノ、イトラーナ等ですが、その他の品種では風土での適正を図り、これから栽培を始める方の参考になれればと考えております。
また初期に栽培を開始したオリーブは安定的に収穫が出来るようになり、2010年にイタリアTEM社製の搾油機を購入して搾油を開始して現在エクストラバージンオリーブオイルの販売をしています。

日本のオリーブは小豆島で100年以上もの歴史があり、栽培、加工の様々な経験があります。ユニバーサル農場の歴史は浅いですが、日本のオリーブの歴史に見習い純国産製品を提供し、またオリーブには様々な製品があり、使い道があります。国内外のものに関わらず新しい試みを提案します。

CONTACT

Name ※
E-mail ※
E-mail(confirm)※
TEL ※
Message ※